下取りに出すより、買い取りの方がいいの?

| コメント(0)

自動車も使用していると、取り変えてみたくなる時期が来ます。
たとえば、車検が近づいた時に、ボーナスがもらえる時期に、新型車が登場した時になど、個人差や予算の関係がありますが必ず到来します。

そんな時に、最近、多くなってきているのが車の買い取りではないでしょうか。
自分が、購入しようとする自動車の販売店に自分の愛車を下取りに出すのでは無く、自動車買い取りの業者に持ち込み買い取ってもらって、売った代金を買おうとす自動車の車両代金に充てるという新し図式が確立されつつあります。

確かに、街の中に自動車の現金買取の看板が、どこに行っても目立つようになってきています。
こんな言葉も『自動車の購入は販売店から、下取りは買い取り屋さんへ』などとよく聞く事があります。

なぜ、買い取りに行くのでしょうか、それは自動車販売店と買い取り店の違いはなになのか、それは自動車販売店の下取りの場合、下取りした自動車を自社の中古車店で再販する事がほとんどなのに対して、買い取り店はというと、買い取った自動車はほとんど直ぐに自動車オートオークションへ出品されて現金化してしまうのです。
買い取り店はオークションの落札価格の相場を考慮しているので、買い取った自動車の落札相場が高ければ高価に買い取ってくれますから、自動車販売店の下取り査定と違うので価格差が生まれる事が多いのです。

ですから、少しでも高く自分の愛車を評価してもらう為に、取り換えようと思った時には、購入しようとしている自動車販売店の他に、買い取り業者のお店も行ってみる価値が充分にあると思われます。

ただ、時期や車種によっては逆転する場合もありますので、その点も考えて行動した方が良いとも思います。
自動車は、高価な品物ですから、少しでも損のない買い方をしたいものですね。

コメントする